Make happy myself~自律して生きる~

アラサー港区OL・病もち。16歳から病気が当たり前の人生の中でも、人一倍自立心が強くもがいてきた中で見えてきたこと…。幸せは共有し味わうという事。逆風の中、もがいてもがいて恥かいて…病こそアイデンティティだった。と笑って言える日を目指したライフログです。

映画「little forest」

f:id:yachuchu2:20181115212555j:plain

都会で生活してみたもののなじめなかったいち子(橋本愛)は、 故郷である東北の小さな集落・小森に戻ってくる。 近所にはスーパーもコンビニもないため、自ら作物を育て、 野山で採ってきた季節の食材で日々の食事を作り、自給自足の生活を送っていた。 不便ではあるが季節の移ろいを感じ、自然の恵みを食べながら、 いち子は生きる活力を蓄えていく。 「魔女」などの五十嵐大介の人気コミックを基に、 都会暮らしになじめず故郷の山村に帰ってきたヒロインが、 自給自足の生活をしながら生きる力を取り戻す人間ドラマ。 自然に寄り添った生活の中で、自分の生き方に思考を巡らす主人公を、 NHK連続テレビ小説あまちゃん」などの橋本愛が好演し、 『重力ピエロ』などの森淳一が監督を務める。 東北の四季の移ろいに合わせ夏編・秋編、冬編・春編の2部に分けて公開。

リトル・フォレスト 夏・秋 [DVD] 
DVD ~ 橋本愛 
固定リンク: http://amzn.asia/d/b1IJfP9

 

東北の小さな集落「小森」を舞台に、若い女性が「生きるために暮らす」を体現している映画。


大都市で暮らすことが、いかに恵まれており、楽をしているか。
確かに都会で働くことは、別の意味でとても大変だし
田舎の人はキャリア志向が弱いとか思っていたけれど

それだけ、田舎で生活することは、日々の生活の比重が大きいしそうせざるを得ない。

むしろ、日々の生活から学んでいることがとても大きくて、

人としての層、人間味…本当に大切なものって何だろう…そう考えたくなる作品。

 

中でも、自然と懸命に生きていく姿が印象的だった。
梅雨の湿気には、薪ストーブを炊いて対抗。
その熱をいかしてパンを焼く。

・畑の野菜に付くアブラムシやモンシロチョウを毎日毎日丁寧に取り除く。

・夏の暑さには、自家製甘酒でホッと一息。

・来年の冬に備えて野菜やコメ作り。芋は大事な備蓄食。

冬が終わってすることは、次の冬の食料をつくること。その繰り返しだ

季節に負けてたまるか…自然豊かな中で生きるからこそ
やらなくてはならないことがたくさんある。
自然の恵みを頂く以上、共存しなくてはならない。

ダウンシフターズ、田舎暮らし、UIターン…
聞こえはいいかもしれないけれど、本当の集落で暮らすという事は
そんな生半可な気持ちでは務まらないのだ。

 

f:id:yachuchu2:20181116103023j:plain

何十種類の野菜を穀物を作り
食べられるように加工し
家事をし子育てをし
山に町に働きに出て
冬に備え
毎日毎日毎日

 

”一生懸命ですごいと思うけれど、
本当は1番大切なことから目をそらして
自分をだますために
一生懸命で取り繕っている気がするよ。”

 

”小森の人たちは、小森で生きていこうとしている。
そのことを受け入れている、受け止めている。
だからそこでの生活を心の底から楽しんでいる。”

 

季節とうまく調和しながら
食べること
生活することを
自分できちんとしていく。
生きるってこういう事なのか。

 

便利に走り、面倒なことは外注し
お金を払えば解決するでしょ?
そんな傲慢な考え方の自分がとても薄っぺらな人間だと気が付いた。

f:id:yachuchu2:20181116103159j:plain

 

全てを自分で自給自足して生活することは難しいけれど
少なくとも「どのように食べ物ができるのか」「どのように季節は流れるのか」
「色んな人のおかげさまで当たり前の快適な暮らしをできるのか」
それを少なくとも「知る」必要はあるし、知ったうえで
感謝をし、それをビジネスや生活に活かしていくことが必要なのだと思う。

 

生きるために生活する生き方を、
とても寂しい虚しいはかない生き方だと思っていたけれど
それは原点であり、経験し、知らなくてはならないことなのだと。

そこで、強く生きることを培い、根っことなり
そこから一歩を踏み出していけるのだと。

家族にさえ頼らず、一人で生活する
一人暮らしはその一環。
最近は、友達親子や仲良し家族をうたう大人が多い。
互いに自立できているのか…一度見直す必要もあるのだと思う。

 

最後に、主人公の母親からの手紙が印象的だった。

何かにつまずいて、それまでの自分を振り返ってみるたびに
わたしっていつも同じようなことでつまずいているなって。
一生懸命歩いてきたつもりなのに、同じ場所をぐるぐる円を描いて、
戻ってきただけな気がして落ち込んで
でも私は経験をつんだんだから、それが失敗にしろ、成功にしろ、
まったく同じ場所ってことはないよね。

じゃあ円じゃなくてらせんだって思った。

一方向から見たら、同じところをぐるぐる・・・に見えても、
きっと少しずつは上がっているか下がっているかはしているはず。
それなら少しはましかな。

人間はらせんそのものかもしれない。
同じところでぐるぐる回りながら、
それでもなにかあるたびに上にも下にも伸びていくし
横にだって

私が描く円も次第におおきく膨らんで
そうやってらせんは少しずつ大きくなっている。
そう考えたらね
私、もう少し頑張れるって思った。

f:id:yachuchu2:20181116103757j:plain

 

逃げ込む形で田舎に住むのではなくて、納得がいく形で

私も田舎で生活することを選びたい…。

 

何度見ても、その時の心で見方が変わる…だからまた見返したくなる。そんな映画だ。

人生は、いくつになっても素晴らしい ダフネ・セルフ

f:id:yachuchu2:20181108211856j:plain

89歳の現役ファッションモデルが教える、昨日より、もっと素敵な今日を生きる方法。 ベストセラー『人はいくつになっても、美しい』の著者、ダフネ・セルフさんの第二弾。89歳になっても、毎朝、ドキドキしながらカーテンを開け、わくわくすることを思い描いているというダフネさん。歳を重ねれば重ねるほど、いままでの知恵や知識が目や顔に映し出され、人は美しくなり、他の人とシェアできる知恵や人生経験が増えていく。人生はいくつになっても素晴らしいものです。できなくなったことではなく、いまだからこそ、できること、やりたいことを見つける方法がここにあります。

人生は、いくつになっても素晴らしい 
ダフネ・セルフ 

http://amzn.asia/d/9zTugkN

 

88歳までモデルを務め、今年90歳を迎えるダフネ・セルフさん。

今年で90歳になる今でも、私は毎朝、どきどきしながらカーテンを開けています。

 

なんて素敵な方…!ご本人がワクワクしながら生きていることが伝わり読んでいるこちらまで、自分の人生にワクワクしてくる…私もこんな風に年を重ねたい…!そう思わせてくれる1冊でした。
気分転換に、前向きになりたいときにおすすめの本です。早速取り入れたい秘訣をまとめます。

 

 

f:id:yachuchu2:20181109183451j:plain 


1.笑う!できることを続ける!

①若さの秘訣は笑うこと!
②食事や運動もストイックにしすぎないで、マイルールを持つのみ。

色んな情報がある中で「○○しなくては!MUST!」に囚われていることって多い気がします。マイルールというできる範囲で取り組むから、楽しく笑顔で継続できるのだと感じました。

 

2.前向きで楽観的な性格!

①うまくいかないときはそれでいい
②引きずらずに次に行く!

相手のニーズと異なっただけで自分が悪いわけではない。ということ。何事も前向きにとらえて引きずらない様子がわかります。

 

3.見た目が精神面に影響を及ぼす

①鮮やかな色をまとい、姿勢を正す!
②人に会わなくてもメイクをする!
③笑顔はフェイスリストと同じ効果がある

起床後の日課は、「水を飲む、エクササイズ、メイク」だそう。外的美意識を大切にすることで、精神面も前向きに保つ事ができる…改めて思う事ができました。

 

4.いつまでも若々しいのは心が少女のままだから

①好奇心心旺盛でいること
②少女の頃の気持ちを忘れずに、物事にこだわらず、何でもやってみる
③”ゆっくりするのは、お墓に入ってからでいい。”

94歳の親しい隣人は、まだ若いのだから、できるうちに何でもしなさいと私にアドバイスしてくれます。

 


5.前向きにとらえ、行動するのみ!

①人生は何が起こるか分からない
②引きずらずに次へ行く!
③抗うよりも受け入れる
④誰でも強制的に歳はとるけれど、成長するかどうかはその人次第

親の勧めで入学した大学を中退。乗馬学校で学んだものの、先のないキャリアに満たされず、見切りをつけてファッション業界に転職。

”自分の仕事に責任を持つ”この言葉を一心に、勉強し、モデル・バレエ・ダンサー・アパレル・最高齢モデル・・・へ。

 

どんな状況でも「初めては楽しい!」と楽しんで取り組んでいたこと。

そして、今できることを考えて取り組んできた。だからこそ、道が開けたのだろうなと思わずにはいられませんでした。
子育て後も自分磨きを欠かさず、ファッションの職業訓練を受けたそう。

 

生きていく上で大切なのは、与えられた環境の中で、良い時も悪い時も、いかに、幸せを自分で探していくか、なのではないかと思うのです。日々、自分の力を発揮し、誰かのために働くことができるーこれ自体が生きていることのご褒美だと私は思います。その後、最高齢モデルとして活躍することになるのです。歩くポイントは、楽しげに颯爽と。

 

人生は、山も谷もすべてか神様からの贈り物。たった一度のあなただけの人生を、思う存分楽しんでください。
わくわくすることを思い描いて、きらきらした目で世の中を見る。その心の輝きは、美しさとなってあなたの顔に表れます。

 

著者紹介

1928年生まれ。イギリス在住の現役ファッションモデル。最愛の夫の死後、70歳でモデル業に復帰する。2014年、世界最高齢のスーパーモデルとして、ギネスブックに認定された。名だたる一流ブランドのランウェイモデルやファッション誌のカバーモデルとして、現在も活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

夢を生きる 羽生結弦

f:id:yachuchu2:20181107191553j:plain

ソチオリンピックで世界の頂点に立った後も、自身のもつ世界最高得点を幾度も更新し、理想の演技を究め続けた2015-18年。 平昌オリンピックに至るまでの成長の軌跡を、羽生結弦選手本人が語り尽くす最新インタビュー集。 2015-16年、16-17年、17-18年シーズンの各プログラムにこめた思いや、技術面で進歩をはかるために取り組んできた様々な挑戦、 スケートに対する情熱や応援してくださるすべての方への感謝の気持ちなどを熱く語る。  

夢を生きる (単行本)  羽生 結弦

http://amzn.asia/d/2PAlCMj 

 

言わずと知れたフィギュアスケーター羽生結弦選手。

数々の記録をも去ることながら、どんな時も自分に厳しいコメントが印象的で
なんて強い精神力の持ち主…その秘訣は何なのだろう…

いつもそう感じていました。

そして、本を読んで気が付いたこと…

この精神力や成功に「秘訣」なんて生易しいものはなくて
負けず嫌いな性格と、一分一秒、一日一日…の積み重ねによるものなのだと。

しかし、積み重ねも「質」が重要。
いわゆる「良い練習」「良い積み重ね」をするために
とにかく「自己と向き合うこと」を大切にしているのだと感じました。

  1. 良い積み重ね(練習)をつづけるために
  • 自分の調子の良し悪しルーティンを知る。
  • ルーティンに基づいて、練習や追い込みを変えていく。
  • パフォーマンスや考え方を分析。(若い時みたいに、数打ち当たる、体で覚える。が通用しない)
  • 痛みやスランプの原因をきちんと見る。(休めば治るなんて容易いものではない)

自分で何回も研究して、「これだ」と思って氷上でやり始めても、それが1日で砕かれます。それを繰り返しすぎて、どうしたらいいか分からなくなりました。昔はスケートが義務だったから、それでもやらなきゃと思えたんです。そもそも、そこまで考える前に、できるようになっていました。でも今は、違う。自分の限界を感じているわけではないのですが、自分一人の力の限界を感じます。

 

2.フィギュアスケートに対する姿勢
しかし、スケートに対する姿勢にも変化があったとのこと。

好きとか嫌いとかいう以前に、ここまでやって来て、簡単に手放せないという思いがあり、縛られていたんです。でも最近は、その感じが全くありません。望んでスケートをやっています。

 

まさに「義務感」から「創造的な意欲」でスケートに臨むようになった。
しかし、その変化がますます自分に理想を課し、苦しめていることに
読んでいるほうも苦しくなりました・・・。

自分の根源となるパッションを盛り込まないと羽生結弦ではなくなってしまうから。五輪チャンピオンになってからといって、そのままでずっと勝てるわけではない。

このパッションがますます強くなる。その分、失敗した時のがっかりは強いのだと思います。義務だから、仕事だからと割り切れるほうがずっと楽。そんな気がしました。

 

自分の考えですが、人生のプラスとマイナスはバランスが取れていて、最終的には合計でゼロで終わると思っています。だけど、振れ幅が大きいか小さいかは、その人次第。僕は、プラスとマイナスの差が激しいんです。
スケートを辞めようと思った事も、何度もあったんです。何でスケートをやってるんだろう。もう辞めようって、何度も泣きました。でも、落ちた後に、結果をもらってまた上がる。また落ちる。今後もジェットコースターのような人生を歩んでいくのでしょうね。

まさにプロフェッショナル。

自分も自分の置かれた場所でもう少し頑張ってみよう。
自分は、失敗といえるほどの努力をしただろうか?

そこまで、自分と向き合ってきただろうか?

コツコツ積み重ねて人生を創っていこう。

そう鼓舞される一冊でした。

練習中の笑顔と、試合中の勇ましい表情…

f:id:yachuchu2:20181108121350j:plain f:id:yachuchu2:20181108121442j:plain

 

羽生結弦選手について

1994年、宮城県仙台市生まれ。全日本空輸(ANN)所属。4歳からスケートをはじめ、2008‐09年のジュニア選手権で優勝。ジュニア選手として数々の大会を制覇する。
10年にシニアデビューし、12年の世界選手権において日本男子史上最年少で銅メダルを獲得。13年にグランプリファイナルで初優勝。14年ソチオリンピック金メダリスト。
18年平昌オリンピック代表選手。その他の国際大会においても、14年、17年の世界選手権優勝、全日本選手権とグランプリファイナルで4連覇を達成するなど
フィギュアスケート界を牽引するトップアスリートとして活躍。男子シングル競技における世界最高記録を度々更新

 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

 

つながっているのに孤独――人生を豊かにするはずのテクノロジーの正体 シェリー・タークル

何回もぶち当たる同じ問題…壁…もう懲り懲り…

そう思うようなこと、皆さんにはありますか?

それって、きっと、人生のテーマであり命題、宿命でさえある。

それを乗り越えない限り、人生は進まない感じるほど。

私にとっては「自立」こそが、人生のテーマであり、今ももがき奮闘しています。

 

「自立ってね、自分でできることを理解して、その事実を踏まえて行動することなんだよ。」

年上の友人に言ってもらえた言葉。

そうか…「自立しようしよう」ともがいて、無理しすぎて、周囲に迷惑かけていたら
それは自立ではない。
できない自分を受け入れる。弱い自分を認める。

 

そしてこの「自立」について、言及している本が増えているし、社会問題にもなっているように感じます。

 

テクノロジー、ロボット、AIの過渡期にある現代。
こうした技術と人間がどのように生きるか?が述べられている本を発見。

 

f:id:yachuchu2:20181107184812j:plain

スマートフォン、ネット、ソーシャルメディア、そしてロボット…… あなたの心を満たすテクノロジーこそが、 あなたから「人間らしさ」を奪っていく。 TEDの再生回数350万回超! MITの人気教授が語る、 テクノロジーが人間関係に及ぼす「今そこにある危機」とは? 全世界に影響を与えた大ベストセラー、ついに邦訳。

つながっているのに孤独――人生を豊かにするはずのテクノロジーの正体
シェリー・タークル  

Amazon CAPTCHA

自立とは一見関係のないテーマのようですが、
アイデンティティの変化」に関する章があり、自立に関する記述も発見。

読み進めると、技術革新が、我々のアイデンティティの確立、生き方に多大なる影響を与えている…と感じました。そして、ますます自分の人生の舵をきちんと取らなくてはならないのだと思いました。

自分が何者なのか、生まれてきた意味・・・こうした事を考える時期って
人生で必ず一度はあるのだと思います。
そう内省して、成長していく。それでは早速。

 

 

【】:本の中の記述
「」:私の考え、気づき

1.ロボット・AIと生きること~人間の代替品になるのか?

  • 【介護現場におけるロボットは、患者にも受け入れられつつある現実。】
  • 【であれば、子育てロボットも容認…?については、一筋縄ではいかない。】

⇒「ロボットの不死身である点、自分の思い通りに動いてくれる点は、人間の「寂しさや弱さ」を埋めてくれるのかもしれない。
介護ロボットに対して、喜んでいる認知症患者の描写がとても印象的だった。遠くの息子より近くのロボといったところだろうか。」

  • 【自分の心を理解してくれるものを作りたい。】というロボット工学者。

⇒これは、普通の人間関係においても、そのような存在を求めている人が多く感じる。
年の差婚、親子離れ問題…その一端だと感じる。

  • 【人を物のように接し、ものを人のように接する風潮を指摘】

⇒どんどん利己的で、脆弱になる人間の心…だからこそ、きちんと地に足の着いた生活を味わう時間を持たなくてはならないと思う。

2.テクノロジーによる変化

①自立への弊害
  • 【インターネットにより常に人と繋がれることを「常時接続社会」と表現

  • その弊害として、SNSなど「常に繋がること」で「一人になること」が減り、自立のチャンスが不十分になっていると指摘。 
  • 離れられない対象として、①親 ②友人 ③SNS と列挙。

しかし、常に繋がることで、親や友人と常に連絡をとり、頼ることができてしまう。
   まさに、”離れられないから自立できない。”

 

一方で、人間の成熟を、境界によってのみ判断する事への疑問もあり、感情の共有により自己を確立するというスタイルもある。という記述もある。

 

②繋がり依存~電子版アヘン
  • SNSへの依存について、いわゆる「いいね!」をもらって安心する。
  • メール対応に没頭するなど、刺激+繋がり=脳内ホルモンの活性が生じており、やめられない。
  • 【一方で、SNSで演じることに疲れたとこぼす若者も多い。その分直接話したいと。】

⇒「つまり、常時ではなく必要なときに繋がる。それを求めているのだと思う。
1人の時間、繋がらない時間を持つことで、自己の感情と向き合うことで、自己が深まる。その上で、仲間と会う。それこそが成長への道なのだと感じた。」


③マルチタスキングと依存
  • マルチタスキングハイ:マルチタスクをこなすことを常時行う事でドーパミンが放出される
  • マルチタスクの効率性は証明されていない。
  • 常に繋がる、タスク…=忙しい=効率性重視…と無駄をそぎ落とす思考へ

⇒でもこれって、ワーカーホリックとか、グーグル依存、株…色んな事と紙一重というか同じではなかろうか?
また、マルチタスクも、ワーカーホリックも、事実我々の自己満足なところがあるのは事実だ。こうして、技術を取り入れ、どんどん自分をせわしなくし、常に刺激を求め、逃げ込む対象を探している・・・

これでは、自己内省などおろそか。

静寂など恐ろしくて味わいたくない…!と感じずにはいられないはずだ。


④自立するために…
  • 【自己の開花:多様性のあるもの、独立しているもの、グローバルなものと接したとき。】
  • 【これまで、人間は、”自分しか頼れない状況を経験すること”で、自立への道を踏み出してきた。】

⇒未知の事に触れること、つながらない時間を設けること、内省をすること

こうすることで、繋がらないことを不安と感じなくても大丈夫…

そう認知行動療法のごとく繰り返すしかないのではないだろうか。

 

子供が保育園に行くことで、成長していくように、

大人も安全基地・コンフォートゾーンを抜け出して、意識的に自分を挑戦させていく必要があるのかもしれない。

 

著者紹介

シェリー・タークル(Sherry Turkle)
1948年ニューヨーク生まれ。ハーバード大学卒。臨床心理学者で、マサチューセッツ工科大学(MIT)科学技術社会論の教授。著書に『インティメイト・マシンー――コンピュータに心はあるか』(講談社)、『接続された心ー――インターネット時代のアイデンティティ』(早川書房)、『一緒にいてもスマホ――SNSとFTF』(青土社)などがある。

渡会圭子(わたらい・けいこ)
翻訳家。上智大学文学部卒業。主な訳書に、ロバート・キンセル/マーニー・ペイヴァン『YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち』、マイケル・ルイス『かくて行動経済学は生まれり』(以上、文藝春秋)、エーリック・フロム『悪について』(ちくま学芸文庫)などがある。

ボケないための笑いヨガ~泣いて生まれて笑って死のう!~

f:id:yachuchu2:20181016183932j:plain

ボケないための笑いヨガ 日本笑いヨガ協会・代表 高田佳子著

ボケないための笑いヨガ - たかだよしこHP

 

「最近おなかを抱えて笑ってない。」 

箸が転がっただけで笑っていた学生時代。

笑いの沸点が低くなったなぁと感じるこの頃。皆さんはいかがですか。

 

そもそも、なぜ笑うのか?

これから取り上げる本では、こう書いてありました。

「笑うのは、感情が動くから。

でも動作としては、感情を伴わなくても「意志」があれば笑う事ができる。しかも脳は、その笑いが感情を伴っているか否かは識別できない。

 

もちろん感情が伴っているに越したことはないですが、そうそう笑いネタが転がっているわけではないですよね(笑)

もう、「30秒間笑うぞ!」と決めてしまい、笑う。それでいいのです。

 

f:id:yachuchu2:20180526213958j:plain

映画イエスマンの主人公の笑顔って最高!この映画も笑いたいときに持っていこいです。

 

さらに朗報!

30秒の笑いには、ウォーキングと同じ効果が!?

このウォーキングと同じ効果とは、体と自律神経系に影響があるようです。

 ・毛細血管の発達(高血圧の改善、糖と脂肪退社促進、心肺機能を高める

 ・自律神経の働きを整える、ホルモン分泌の促進(快楽ホルモン、脳内麻薬(エンドルフィン)、セロトニン)、不安・緊張の緩和

 

もう笑いたくてうずうずしてきましたか??(笑)

笑う準備はいいですか?

 

この本で紹介されていた一部の笑いヨガで、ハハハハハ~っと元気チャージをしましょう☆

 

 

1.あいさつ編

①ナマステ笑い

ナマステのポーズをし、ナマステの代わりに「ハハハハハ~」と息を吐ききります。

※言葉を使わないことで、右脳を使い、赤ちゃんのように身体感覚で笑う事ができるそう

 

②アロハ笑い

「アロー」と言いながら胸を大きく開き、空を仰ぎます。

そして、「ハハハハハ」と言いながら、腕を下して体を折り曲げます。

 

③静電気握手笑い

握手をしようとして、ピリッと感じて「ハハハハハ~」

 

f:id:yachuchu2:20181016185735j:plain

2.体を伸ばして気持ちよく編

①1M笑い

両手を開き、胸を開いて「ハハハハハ~」

 

ミルクセーキ笑い

両手にコップを持っていると想定し、右手コップを左手のコップに移し替える動作をする

そしてグビッと飲みながら「ハハハハハ~」と笑う

f:id:yachuchu2:20181016183824j:plain

体を使いながら笑うと、すごく気持ちがいい!


 

 

③昆布笑い

両手を上に上げ、左右の手の甲を合わせます。

脇腹を交互に伸ばしながら「ハハハハハ~」と笑う

※酸素を取り込み、さらに内臓が刺激される効果がある!

f:id:yachuchu2:20181016183908j:plain

こういうウォーキング、はやりましたよね。

 

3.喧嘩も楽しく編

①喧嘩笑い

指を立てて、「ハハハハハ~」と責め合います。怒りは放出、言葉は笑い!

 

②謝罪笑い

耳に手を触れ、会釈の代わりに「ハハハハハ~」

※このポーズ、インド流謝罪のポーズなのです。

 

③賞賛笑い

「あなたはすばらしい」という気持ちを込めて、称賛しながら「ハハハハハ~」

f:id:yachuchu2:20181016183812j:plain

この喧嘩笑い、家族に早速実践してみました!喧嘩にならない(笑)

 

4.一人ストレス撃退法編

①ストレスのゴミ箱笑い

・悩みや不安を、ゆっくりしっかり吐き出します。

・下に置いて、眺めた後、蹴り上げます!

・「ハハハハハ~」と笑いビームでやっつけましょう!

 

f:id:yachuchu2:20181016183906j:plain

一番のお気に入り。仕事の合間にこっそりと。

②痛み笑い

・自分の体の痛いところ気になるところに手を当てます

・「ハハハハハ~」と笑いのパワーを送りましょう!

 

5.子供心を取り戻す編

①シャボン玉笑い

シャボン玉を吹いていることを想像し、フフフフフ~、ハハハハハ~と笑いましょう♪

 

②飛行機笑い

両手を広げて翼にして、飛行機になったつもりで走ります。

「ブーン」という代わりに、「ハハハハハ~」と笑いましょう^^

 

6.介護予防編

①ライオン笑い

目を大きく見開き、舌を思いっきりベー!っと下に突き出します。

目は上を見て、敵を威嚇するようなポーズで爪を立てます

そして「ハハハハハハ~」と息を吐きだしましょう!!

(ヨガのライオンのポーズに似ています)

 

f:id:yachuchu2:20181016183904j:plain

これもお気に入りの1つ。表情を付けると楽しくなりますね。

②うがい笑い

うがいをするように「ぶくぶくガラガラ」といった後、

「ぶはははは~」と水を吐き出すように、思いっきり笑いましょう!!

 

7.有酸素運動

①ホホハハ体操

・手のひらを前に「ホホ」と言いながら空気を前に押します。

・手のひらを下に「ハハ」と言いながら空気を下に押します。

これを1分ほど繰り返します。表情を付けたり、口を大きく動かしたり、手をぐーぱーしたり…遊び心も入れてみましょう☆

 

f:id:yachuchu2:20181016183857j:plain

手を使うと、脳が活性化される感じがします。血流が良くなる感じ。

②重量上げ笑い

「エー」と言いながら、重量挙げをする動作をします。

そして、バーベルを上げたところで、「ハハハハハ~」と思いっきり笑います!

 

f:id:yachuchu2:20181016183900j:plain

体を動かしたいときの定番!

8.最後にリラックス編

①片鼻交互呼吸

頭の働きを良くし、自律神経を整えるヨガの呼吸法。右鼻=交感神経、左鼻=副交感神経と繋がっており、交互に使う事で交感神経と副交感神経のバランスを整えます。

 

f:id:yachuchu2:20181016183837j:plain

ヨガでも定番の呼吸。

②ハミング呼吸法

「ハムムムム~」と声に出しながら息を吐きだします。一番簡単な瞑想法と言われるほど。声に出すことで、自分の呼吸に集中しやすくなるようです。

f:id:yachuchu2:20181016183828j:plain

ハミングは体に良いとよく聞きますが、瞑想の効果があったとは…

 

~泣いて生まれて笑って死のう~

この本の終わりにある一文。日本笑い学会副会長 昇幹夫先生の著書のタイトル。

泣いて生まれて、笑って死のう | マルカワみその社長ブログ

 

確かに、生まれてくるときは誰しもおぎゃーっと泣きながら誕生します。

しかし、この世を去るときは、人それぞれ…。どうせなら笑ってお別れしたいものです。

 

「高齢になっても、障害があっても、笑って暮らせるまちづくりをしたい」

この本の著者である高田佳子さん(日本笑いヨガ協会・代表)が、笑いヨガを始めた理由。私も強く同感しました。

健康や体に支障が生じると、行動に制限がかかるもの。そうすると、自然と心にもバリアができ、どんよりと沈みがちです。

少子高齢化ダイバーシティ、1億人総活躍時代…何かしらあるのが人生で、それでも明るくいるために、「笑い」は一番手軽で、効果的な特効薬なのかもしれない…この本を読んで、改めてそう思いました。

そして、笑いヨガをまずは自分で、そして家族とやってみよう。自分で自分をそして周囲を明るくしていけるように…(*^-^*)

マイノートのつくりかた~Emiさん著 早速マイノート作ってみました♪

新しい手帳が店頭に賑わう時期♪

雑誌でも手帳活用術!が特集されていますね。

手帳って、買った時がモチベーションの最高潮。

いろいろ記録するぞ!!と意気込んでも1か月も続かないんです・・・(-_-;)

 

そんな中、「わたしらしさを知るマイノートのつくりかた」

という本を発見。

f:id:yachuchu2:20181008125754j:plain

著者は、収納アドバイザーとしてご活躍。Our homeのEmiさん。

http://amzn.asia/d/5VjJ4qW

Emiさんのブログ

ourhome305.exblog.jp


よくある「マイスクラップ」づくりかぁ…。結局続かないんだもんなぁ。
と思いながらも、パラパラ読んでみると、私と同じように手帳で挫折した人も素敵なノートを作っている!!

 

とはいえ、ノートって「どのように使うか」が難しいんです。

手帳やTodoリストとの使い分けは・・・?

テーマ別にノートを分けたほうがいいよね・・・?

 

この本を通じ気づいた、

マイノートづくりのポイント、私が気になった皆さんのマイノートをまとめます。

自分だけのマイノートを作って、自分で自分をご機嫌にしていきましょう☆

 

 

1.マイノートとは?

① 自分の「好き」を集めた、自分だけの雑誌
②「記録」と「見返す」ことが目的

2.マイノートの効果

① 自己肯定感が上がる

⇒記録をし、振り返ることで「できたこと、感謝ごと」といったプラスの事に意識が向きやすくなりますよね。ひいては、他者比較ではなく、過去の自分と今の自分を比較できるようになる…。そして自分を認められるように…☆本当に小さな積み重ねですね。

② 自分を知ることができる

⇒得意なこと、時間の使い方など、書き出すことで気づくことってあります。

自分を知ることは、決断力や行動力を上げるのに大切なこと。

③ 他者を知ることができる

⇒家族の体調、周囲の言動…自分の感じたことを記録することで、自分以外の人の事も把握することができるわけです。

3.マイノート作りのポイント

① 1冊にまとめること!

⇒テーマ別はNG!なんでも書いてOK。自分だけのノートですから☆

② 書きたいことを書くこと

⇒ポジティブなことだと尚よし♪振り返るわけですから。

例:収納アイディア、家事ごと、コーディネート、レシピ、体調、手紙、夢・目標

② 貼るを活用する!

例:付箋、マスキングテープ、切り抜き ~雑誌っぽくなりますよね♪

③ 毎日開く=書く時間帯と置く場所を決める
④ ノートの番号(何冊目か)を振る 
⑤ Todoノートを、一緒に持ち歩く

f:id:yachuchu2:20181008213007j:plain

3.みんなのマイノート活用術

① ほぼ日手帳を活用

⇒毎日記録しやすいし、手帳とまとめて1冊として使えるから便利。

② 1ページ目に「したいことリスト」を作成する 

f:id:yachuchu2:20181008212805j:plain

4.早速スタート!私のマイノート

● マンスリー手帳と一緒に持ち歩く

※Rohlbahnのノートマンスリー手帳を使用。

ロルバーンノートダイアリーB6 | DELFONICS WEB SHOP - デルフォニックス公式通販

⇒したいことに締め切りを作ることができ、行動に移しやすい!

⇒毎日見る習慣が定着しやすい!

● したいことリストを作成

f:id:yachuchu2:20181008212515j:plain

初日は張り切ってしまうもの…完璧な3日坊主より、ゆるーい1年坊主を目指して、

楽しく続けていきたいと思います。

 

番外編 私の記録ごと

 

① My感謝日記(アプリ)

⇒シンプルなので続けやすいです。写真もアップできて日記のように使っています。

「My感謝日記 -理想の自分を実現! ありがとうの記録ノート」をApp Storeで

② インスタグラム

⇒ときめき記録用として活用。お出かけ、お気に入りのものをアップしています。

YASU (@yasukolog) • Instagram photos and videos

 

電子化が進んでも、紙の手帳の人気ってむしろ上がっていますよね。

それだけ、みんな記録をしたくて、続けたくて、工夫しているのだと思います。

「記録」と「見返す」。日々を少し楽しく過ごす秘訣なのかもしれません…☆

読んでくださりありがとうございました(*^^*)

メルカリ ファンズミートアップ 参加報告!

遅ればせながら…2018年9月13日

メルカリ主催「mercari FAN's Meet up」に参加してきました~!

f:id:yachuchu2:20180917220740j:plain

 

小泉社長のご挨拶、メルカリクイズ、メルカリユーザーの使い方紹介など盛り沢山!

食事やドリンクもインスタ映えするものばかりでした☆

ファミチキならぬメルチキ!アイシングクッキーも可愛かった~)

f:id:yachuchu2:20180917220915j:plain

 

 中でも印象的だったのが、メルカリユーザーの使い方紹介です。

メルカリを使った自由研究の紹介。(子供が、メルカリで実際に売買を経験。)

メルカリチャンネルで講義、料理実演、販売。

 

個人事業主にとって、メルカリは最高の媒体になりうる。

メルカリのこれからの可能性にますます期待です。

 

私は、メルカリを通じて「ものを手放す楽しさ」を、両親に伝えられつつあるな…と感じています。

物との付き合い方は、年齢に応じて変化していくと思います。

 

収納アドバイザーやライフオーガーナイザーなど

勉強してみたいことがふえました。

物を少なくすることで、脳疲労を軽減する。

元気な脳で、自分の活かせることに時間を割く。

そして得意ごとをする時間を増やす・・・。

幸せが増える。そんなスパイラルを回していけるように・・・。

f:id:yachuchu2:20180917220955j:plain